うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

作り置きはまずい

<点滴治療>患者1人死亡13人発熱、おう吐 三重・伊賀

患者さんは、「神経痛」とか、「手足の先がビリビリと痛いのよ」という症状だったのかなぁ。

メチコバールって、ビタミンB12の薬。
神経が傷ついたとか、そういう感じのトラブルの時に投与される。
錠剤も売られてる。
ノイロトロピン、じんわり痛いのずーっと続くってのに効果的。
錠剤も売られてる。
どちらも、点滴じゃなくてもOK。
世の中には、「点滴 = 良く効く」って信仰がある。
あるのは「即効性」くらいであって、効果的かどうかは不明。
ましてや、循環血液量が一時的に急上昇するので、生食液だけを投与しても「元気になった」と感じる人も居る。

町医者は、技術より、人気って傾向もあるので、経口投与できるものを点滴ってのも仕方がないのかなぁ。と思ったり。
もちろん、診療報酬点数が、飲み薬より点滴の方が高いので、「世の中ゼニ儲けでっせ」という意図を否定はできない。
もちろん、点数が高いということは、世の中の保険料納付者のお金が余計に出て行く訳なんだが。

多くの患者が、腹痛、発熱、おう吐、ふるえなどの症状を訴え、
敗血症様の症状を呈している患者も居るらしいとのこと。
普通に考えれば、医薬品が汚染されている。
実際、アメリカで、中国で製造した製剤(確かフィブリンだったっけ?)で死亡例も報告されてた。
もちろん、中国は開き直ってるけどね。

次に考えられるのが、黄色ブドウ球菌などのありがちな細菌にゴム栓が汚染された。
通常、医療従事者にとって「針を刺す」という行為は、「刺す部分を消毒する。何も触れないように、針キャップを取り、針を刺す」という一連の作業となって体に染み付いている。

その段階で、細菌に汚染されたってのは、ちょっと考えにくい。
(1人とか2人なら、あり得るかも知れないが)

とか、エントリを書いていたら、点滴液、看護師が作り置き 2年前にも、不調届けずだって・・・・

いや、この点滴だけの患者を診てるだけじゃないから、忙しいんだろうけどさ。
作り置いて、どうやってたんだ? どのくらい作り置いてたのか?
ステンレスカートの上に置きっぱなしか?
いや、作り置き状態が長時間だったら、どこに置いてもあまり違わないけど。
もしも、作り置きが原因なら、「医療事故」って言うのも憚れるほどの間抜けな事故だな。
2年前にも、やっちゃってましたとか、1週間以上前の患者が調子が悪いと言い出しているのに、対策練らずとか、おそろしーなー。

だって、マクドナルドのポテトでも、作り置きだったら、おいしくないだろ?
[PR]
by 8823_nazo | 2008-06-11 17:56 | 重箱の隅っこ