うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

会計検査院の検査をしろよ

受信料不払い対応求める=検査院がNHK調査
<NHK受信料>徴収徹底を要求へ 会計検査院

会計検査院が公共機関にお金の面で文句を言う以外に何をするところか知らないけれど、専門にやっているんなら、給料や福利厚生施設にも文句を言おうね。


会計検査院が「ウチは、会計だけを見ているので、職員の不祥事について関知するところではありません」という説明をするんだろうけど。
町の会計士は、「決算報告書を見て、会社を訪ねれば、会社のどこが病んでいるかすぐに分かる」と言う。
「交際費多いですねぇ」「もっと安い仕入れ先を探しなさい」「売り上げの割に従業員が多過ぎです」
悪く言えば、箸の上げ下げまで文句を言う。
会計とはそれほどまでに凄いらしい。(そうなのか?)



ちなみに、会計検査院のOBがNHKに天下っているそうで、会計検査院の天下り先の待遇が悪くなるような事はやらないという事もあるのかなーーーーーっと。
あぁ、遊休不動産の措置にも手心が加えられてるのか。

NHKにしてみれば、会計検査院から発言させたことで、「法的措置」が「NHKだけの思いつきじゃねーーんだよ!」としたいんだろう。
ただ、会計検査院まで出してきた事によって、「不払い者から一部を狙い撃ち」という見せしめ的提訴はできなくなったんじゃないかと思うんだ。
「オレを訴えずに、アイツだけ訴状が届くってのはどーいうこった!」と文句を言う人も出てくるかもな。
不払い者全員を訴えるのに40億円くらい要るとか。
実際に裁判になれば、それなりの証拠集め、場合によったら弁護士を立てないと対応できないかも知れない。
100万人の1%が裁判に出てきて、その1%が徹底抗戦に打って出たら、のべ100人の弁護士が必要。
勝てばいいけど、1件でも負ければ同じ状況にある「被告」の勝ち目がどんどん上昇していく。

普通、「原告」が100人で、「被告」がひとり。なんてパターンだと思うんだが、「原告」ひとりで、「被告」が100万人なんて裁判(実際には、1対1の裁判が100万件だけど)は滅多にないからねぇ。
面白そうだなぁ。

NHKが受信料を支払うに値しない証拠として、不公正な放送をしたという証拠に「奇跡の詩人」と「琵琶湖 ファルコン号沈没 ベンチレータの存在(タイトル知らない)」のビデオを提出してもらおう。
なかなか一般人に貸し出してくれないし、売っていないんだよね。


何にせよ、この件に関しては、
     NHKも会計検査院も同じ穴のム・ジ・ナ(はーと)
[PR]
by 8823_nazo | 2005-10-15 12:33 | 重箱の隅っこ