うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

判決で言い渡す方が乱暴

<死亡ひき逃げ>裁判官が「求刑軽い」と異例要求 岡山地裁

被告の弁護士は「被害感情への配慮も大切だが、判決で懲役4年を言い渡すこともできたはず。刑事手続きをないがしろにする異例の行為で、理解に苦しむ」と話している。

裁判の場で、判決で4年て言い渡す方が乱暴じゃないの?

何度も裁判開いた揚げ句、「主文、被告を懲役4年に処す」。
被告側全員目が点になるよ。
まだ、地裁だから上告できるだろうけど、同じ事なら、このようにやった方が、コストも時間も無駄が省ける。
それに、検察官も何かの間違いや見落としもあるだろうし、裁判官が検察官に確認して当たり前だと思うよ。
「刑事手続き」ってのを知らないけど、検察官の求刑より軽いのが正しいとは思えないんだけどな。
第一、裁判官が「求刑が軽過ぎる」という心証が間違っているならば、それを解消させるのが弁護士の仕事だと思うんだが、【理解に苦しむ】よ。

オレは、被疑者(?)に適正な判決を出させるのが、弁護士の仕事だと思ってるんだが、いつもこんな話題を見るたびに「弁護士の仕事って、刑を軽くする事?」って悩んじゃう。
場合によったら、求刑より重い罰を求める弁護士が出てきても良いのにな。(絶対商売にならないな(W)
[PR]
by 8823_nazo | 2005-08-29 02:13 | 重箱の隅っこ