うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

自分では、やらないのかよ

米国は中国のエネルギー効率改善を支援すべき=大統領


「中国やインドなどの諸国が、石油のより効率的な消費者になるよう支援することは、われわれの経済的な利益、国家的な利益になる」と語った上で、「それは、世界の原油供給圧力の緩和、国内の価格圧力の緩和に寄与するだろう」との考えを示した。

京都議定書の話題を出すまでもなく、アメリカは二酸化炭素排出量世界一。
(    2000年のデータでは
       アメリカ 24%
       中国   12%
       ロシア   6%
       日本    5%
       インド   5%
 ここ数年は中国の消費量が急激に増えたので、アメリカの割合は減ったかも知れないけど、トップは変わってない。
 JICAの資料より)

各州が主体となって省エネに取り組もうとしているという話がニュースになったけど、ブッシュは未だに議定書に対しては拒否して「独自路線じゃ!」とのこと。
そんな状態で、上記の発言は、あまり価値がない。

二酸化炭素排出権取引という意図で、
「藻前ら、アメリカの技術を買って省エネしろよ!」
と言うだけの事であれば、意味はある。
ただ、その前に技術があるなら、自国の省エネに取り組むべきで、効果が目に見えない現状で、アメリカの総元締めがグダグダ言っても、中国もインドも聞く耳持たねーよ。

「デブが書いたダイエット本」みたいなモンだな。
多少のヒントにはなっても根本的解決にたどり着けてない。
(デブは生活習慣だけでなく遺伝的要素もあるらしいが、ここでは気にしない方向で)
[PR]
by 8823_nazo | 2005-05-17 11:52 | corner of lunch box