うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

いい加減だなぁ。

3歳児の血液型判定ミス 横浜、33人再検査へ


まぁ、「輸血に使わないからいいか」って手を抜いただけだろうね。
(サイテー)





検査技師は、血液に混ぜる試薬をマニュアルより早くスライドに落としたため、濃縮して正確な判定ができなかったらしい。
意味わかんない

こんなヤツね
普通は、こんな感じで、スンごく簡単だから、小学生でも判定をやろうと思えばできる。(血液の採取の方が問題)
血液と試薬の反応時間や温度(気温)の方がずっと大きな因子なんだが。
こんなテキトーな検査なら、3歳児に限らなくてもいいと思うんだが。もっと若くてもOK。


ちゃんとした検査の場合、温度が管理されている部屋で、「オモテ検査」「ウラ検査」ってのをやる。
オモテ検査は、赤血球のA型とかの抗原そのものを調べる。
ウラ検査は、A型やB型に反応する抗体を調べる。
生まれたてだと、抗体が検査できないんで、3歳児くらいからやる。
大抵の人は、A型だと、B型に対する免疫を持っているので、「オモテ検査」と「ウラ検査」の結果は一致する。
だが、たまに、「亜型」と呼ばれる血液型の人(病気じゃなくて、血液型のバリエーション)は、結果が一致しない。
一部の感染症だとか、ガンだとか、採取した血液にゴミが入ってた時も一致しなかったりする。
亜型だったりすると、反応が弱くて10分くらい待ってないとO型に判定したり、AB型なのに、A型に判定してみたりと変な事になる。
多分、今回の男の子も亜型だったんだろう。
だから、簡易検査は、あくまで簡易検査であって、正式な検査じゃないんだ。

少し前に、小学校(?)の名札の血液型の欄を廃止するって話があった。
理由は、「血液型でいじめられる人がいたから」。
でも、反対する人の中には、1分1秒を争う時に血液型が分かっているのは大事だ。って言うんだけど、輸血のために必要な(訴えられない程度には)最低限の検査する間にABO式血液型は判定できるから、知っていたところであまり意味はない。
それどころか、名札に間違いがあって、それを信用した輸血をする方もされた方も不幸だ。
[PR]
by 8823_nazo | 2005-04-23 15:28 | 重箱の隅っこ