うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

風力発電は環境に優しいか

世界の風力発電20%の伸び=地球温暖化対策で増加


多分。
多分やさしい。
製造段階や破棄にかかる環境的コストを差し引いても優しいような気がする。

ただ、覚えておいた方がいいのは、
あらゆる植物は、【積極的な】吸気排気をしないんだ。
風の量が減れば、森林の下草は地面の輻射熱による対流以外にCO2を吸い取る方法を失うんだ。
つまり息苦しくなる。

風の量が減れば、池のさざ波が減り、池への酸素供給が低下してしまう。
ここでも、息苦しくなる水棲生物が出てくるんだ。

風の量が減れば、水蒸気が放散されなくなり、水蒸気の粒によって、植物の成育に必要な光が減るんだ。
つまり、植物が空腹になる。
さらに、蒸散した水蒸気をアテにしていた場所の生物にも影響を与える。

つまり、その風だけでも環境が大幅に変化する可能性があることだけは、知っておいた方がいい。

きっと環境に優しいんだろうと思うんだよ。
ただ、完全に環境に影響を与えない発電なんてありえない。


ビル風の強いビルの壁面全体に、クロスフローファンでも付けて発電でもすりゃ、街灯分くらいはまかなえるかも知れんなぁ。
[PR]
by 8823_nazo | 2005-03-12 15:17 | 重箱の隅っこ