うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ええ。血は特別な液体ですから

ドラキュラは正しかった?最新医学における《若い血》?フ意味 | Excite エキサイト
「ただの1滴でいいんですよ。 ええ。血は特別な液体ですから」
   は メフィストのセリフだっけ?

ドラキュラは、心の病気の「摂食障害」の中の異食癖の一種で、血を飲む事が大好きな人がモトネタという説もあったり。
血液だけでは成人の必要な栄養を賄いきれないらしい。
土壁がオカズとか、特定の草を毎日食べないと暴れちゃうって人も居るらしい。(ポパイは食べると暴れるんだから違う。)

あぁっ。そこの方。
映画マニアでもないのに、アラン・ドロンの「ショック療法」を思い出したりしたら、この知見を頼らないといけませんです。



年老いると、ヘモグロビンの酸素放出能が悪くなるの?
それとも血漿中の有害老廃物の除去できなくなるの?
後者だと、クロマトとかマスでも調べてみたりなんかで何かで出るだろうから、違うかなぁ。

Hbの立体構造が微妙に歪んじゃうとか。(あるのか?)
Hbのユニットが微妙にズレて結合しちゃうとか。
Hbの総数が減っちゃったとか。(これは、一発で分かるだろう)
細胞膜か?
膜の酸素透過性が悪いと、肺で酸素を吸いきれない。末端で酸素を出し切れない。
確かに、高齢者の血液ってば、遠心分離をかける回数が多いと、溶血し易かったりする気がする。
赤血球は、空気の抜けたボールを上下に潰した感じで働いている。
ダメになってくると、コンペイトウみたいに角ができ、最期はボールの形に戻る。
三日月型だったり、カップ型だったりする人もいる。
でも、年くってるからって、コンペイトウやらボール型が多いって気はしないなぁ。
観察力不足だな。
もちろん、形態の変化が膜の変化を正確に受ける訳じゃないので、形が悪いから酸素透過性が悪くなってるとは言えない。


とりあえず、オレの手術の時は、20歳未満の処女の生き血をキボンヌ。


あー。思いついた
ひょっとしたら、どこかの学会が「今年一番のとってもスゴイ分子賞」を与えた一酸化窒素の代謝が関与するのか?
それなら、NO吸入で乗り切れるな。
それとも、細胞膜の裏をつなぐタンパクが原因だった、マラリア原虫をメロゾイドの状態から変化できないようにして、増殖もできないように遺伝子を操作して、裏打ち用タンパクを吐きだすようにすると、代謝が良くなるとか。

完全に妄想だな。(w
[PR]
by 8823_nazo | 2005-02-17 18:47 | ネタの重箱隅つつき