うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

流行語?

「満足している」と供述 小林容疑者、追起訴へ

最近、犯罪者の間で大流行だね。

          「死刑になってもいい」

で、書いてから近いうちに死刑に関する記事も出るだろうと思ってたら、翌日かよ。

単に残酷な刑を執行するなら、いくらでもあると思うんだよ。
例えば、中国の古代の処刑みたいに両手足のそれぞれを四頭の馬に一度に引かせるとか。
犯罪者に反省させる方法も、オウム真理教(改称してアーレフ)やわけのわからない自己啓発セミナーとかみたいに、強いストレス状態に置いてみたりすれば、見た目は心の底から反省するだろうと思う。
(ただ、ストレスで性格(?)にバイアスがかかっただけで、本来の人間として反省しているかどうかは不明。)

ここは、強制的に社会還元を。
死刑の実務については、部外秘らしいので、ちゃんとした情報が見つからないんで、想像で。
刑の執行は複数の刑務官がそれぞれにボタンを押す事で、「誰が本当に執行したか分からない」という状況を作るらしい。
逆に、「オレがやっちゃったのかもぉ」って感じる人もいるらしい。
刑の執行にも刑務官のストレスがかかる。
まずは、このポイント
犯人達にやってもらおう。
死刑囚に限らず、重大な犯罪を犯したもの全員から抽選で。
(「おもしれー」なんて、表情を出す生き物もいるかも知れないから、そういうヤツはおあずけ。)
刑務官のストレスは多少なりとも減るだろう。

さらに、
単に首から吊り下げるだけでは、死体や刑場の処理に手間がかかる。
もちろん、この場合も、囚人の仕事。
当たり前だ。 納税した幾分かは犯罪者のメシ代に消えているんだから。

で、社会還元
3つあるんだけど、最初の二つは落書きだけで終わらせた方が良いかも知れない。
1,犯罪者の心理について調査する実験対象として、使う。
  または、例えば、BSEの感染実験のような・・・・・・
          人体実験だからちょっとイヤだけど、
          ほんのわずかのデータしか得られなくても、
          多分とても貴重。
2,臓器ドナーとして最期を全うしてもらう。
  移植でしか助からない命がある。
  命に足し算引き算はありえないけど、1人でも救えるのならいいじゃないか。
  提供時刻は基本的に自由だ。
  「じゃ、来週の月曜日8時から開始しますんで。
   レシピエント側の受け入れ体制お願いします。」
  なんて会話で万端の準備で移植できる。
  ただ、問題点も
  レシピエントの感情として犯罪者の臓器をもらって不愉快か否か。
  こればっかりは、レシピエントにならないと分からない。
  もちろん、レシピエントの登録には、「死刑囚の臓器でも良い」の
  項目を増やして、本人がNOを希望した場合は、使わないように。
  もうひとつは、思うだけのことだけど、
  犯罪者は内臓疾患とか感染症とか多い気がする。
  からだに模様を入れている人は、B型肝炎が多いとかって話もあるので。
  そうなると、価値がない。
  じゃぁ、3番。
3,医学生の為の実習用として利用
  個人の尊い遺志で、死後の自分の体を使って下さいと申し出る方がおられる。
  偉い。 すんごく偉い。
  「献体」という。
  死刑囚には、このシステムを変形して利用。
  「没収体」くらいの名前で良い。
  感染症も多少のものは問題ないと思う。
  医学生の技術が多少なりとも向上すれば、遠回りだけど、誰かのQOLが
  少しは向上する。


     ・・・ひとでなしな投稿だな。
[PR]
by 8823_nazo | 2005-02-09 01:50 | 重箱の隅っこ