うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

メガネっ子 萌えぇ!

“めがね之碑”でめがねに感謝! | Excite エキサイト
すみません。タイトル間違えました。

日本は、何にでも供養碑があるような気がする。
有名なのは、人形・針・筆・実験動物・鯨・・・。
メガネの神様にお礼と感謝をするために、ひいては、メガネを大事にするために供養するんだろうなぁ。

多分、おそらく、
仏教だとかが輸入される前から、「八百万の神」という何にでも神様がいてたりした。
その影響がそのまま現代にも息づいているような気がする。

現代でも、クリスマスにはキリスト教、お正月には初詣でに仏教、と「無節操だね!」と言われたりする。
でも、考え直すと、
「八百万の神様」の一柱に「キリストはん」が居てはって、別の一柱に「ブッダさん」居てはって、
「あらあら、天竺の方から。 そら、遠いところからよぉお越しやしたなぁ。」な感覚とも思える。

トイレの神様も居れば、薬の神様(神農さんやね)も居てはるし、風呂を汚せばあかなめさんが怒らはる、デキモノ(最近は、癌も入るらしい)の神様すら居てる。野球の神様も居てはったね(何してはんのん?)。

実験に使われたマウスやラットなどの供養なんて、外人には珍しいらしい。
(神様は、人の生きる術として牛をお造り下さった。実験動物も同様だ。感謝をするなら神様にしろよ。らしい。  ええっ。マウスは殺されても感謝されないのか、かわいそうだな。)
あ。櫛の神様を思い出した。
大阪の貝塚市にある八品神社。
渡来人がたどりついて、櫛を作ったのが始まりだとか。
「9」と「4」は、日本人には嫌われるけど、「クシ」は解きほぐすから良いんだと。

もちろん、櫛の神様にお願いしても毛は生えない。

参照資料
http://www.shop-chie.com/origin.htm
[PR]
by 8823_nazo | 2005-02-05 12:51 | ネタの重箱隅つつき