うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

食の保証はどうすんの

Excite 日本の消費者に最大の恩恵 コメ貿易自由化で世銀試算
「日本ぢんも細長い米を喰え!」ってかよ!

カツ丼にインディカ米かよ!
ぼろぼろ崩れるオニギリ喰えってかよ。

ツ   細長い米を日本語で表すとこんな感じ?
木   既に米ぢゃありません。


あー、もちろんジャポニカ米作りに腐心している海外の農家があるのは知ってるさ。
日本の米が高価だってのも知ってるさ。
カレーにジャポニカ米が似合わねーのも知ってるさ。

だがな、
日本の食料自給率をわずかであれ押し上げてるのは米だぜ。
常に日本へ食い物を輸出してくれる保証があるのかよ。
言っとくが、重金属や農薬てんこ盛りの食い物送ってくるなよ。
日本の基準に合わせて保証してからだよ。
検査方法が確立してないのに、テキトーな抜き取り検査でお茶を濁してるアメリカ牛なんか論外だ。

かつて日本の林業が輸入開放してどうなった?
苗を植えてから、30年50年のスパンで山を見なきゃいけない林業が今や林野庁のエサとしてして機能してないじゃないか。
山を見る人がいないから、元来地面を堅く結び地崩れを防ぐ広葉樹と違い、放置された針葉樹林は、台風や地震で地崩れを促進する。
さらに、スギ花粉症。

話を元に戻して、稲作の隠された機能のひとつに「保水」がある。
冬に雪として蓄えられた水の一部は、春に田へ導かれて夏を過ごす。
降雨による水も一時的に貯水される。
豪雨による増水もそれなりに緩和されているわけだ。
ひとつひとつの田では知れているが、全国を集計すればとてつもない量になる。
特に棚田が広がる地形では大きな意味を持つ。

また、水を蓄えた地面は、気温の上昇を抑制する事は良く知られていて、
東京・大阪での「打ち水大作戦」なんかでも実証されている。
都市部で田畑の気温上昇抑制効果を期待するのは無理だけど、田畑の周辺は気温が抑えられ、ひいては周辺都市から都市部の熱を吸収してくれる。
東京のベイエリアに高層建築が増えた為に、都内の風が減って23区内の気温上昇に拍車がかかっているというレポートが正しければ、関東の田畑を減らす傾向を推進するのはなおさらまずい。
都市部以外ならどうでもいいかというのは、さっきの保水の話にあるように、すごく心配。

最後に米の品質。
古米や偽ブランド米が見つかっただけでも、話題になる国なんだよ。
(まぁ、そうとは気付かない消費者も多いし、増えたけどな)

世界銀行さんよ、
ドコの差し金か知らんが、何でもかんでもゼニに換えて計算するのはやめとくれよ。
[PR]
by 8823_nazo | 2005-01-11 15:31 | 重箱の隅っこ