うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

血液型信仰

相手の血液型、気になる? 気にならない? | Excite エキサイト

馬鹿過ぎ。

中世、戦争による怪我で瀕死の重傷を受けた将軍が若い兵士から【命の源】である血液を銀の筒を通して将軍に投与したところ、見事、復活した。
一方、重病人だった貴族の女性に投与したところ、全身に火が走るような苦痛とともに死亡。
なんとなく、「相性みたいなのがあるらしい」ってことにはなったらしい。

1900年ごろ、固まる組み合わせと固まらない組み合わせがある事が分かる。
大量の出血により瀕死の重傷を負った人を救命する技ができ上がる。
救急医療のエポックみたいな?

その後、その組み合わせは、人事として参考にできるのではと考えた人は世界中にいた。
が、
結局、「ちっ、意味ねー」というオチが。

日本では、教育学教授が親戚縁者の10人ほどの血液型と当時の「客観的判断」でAB型を除く全員の「血液型と気質」の相関を論文にした。
バカにされた。
その後1970年代に、TV番組のプロデューサがこれをネタに血液型別性格診断をブチあげる。
間抜け共が大喜びで、驚異的視聴率を叩き出す。
下朝鮮では、釜山詣ででネタをパクって驚異的視聴率を叩き出す。


そして、現代に至る。
[PR]
by 8823_nazo | 2010-05-25 20:17 | 重箱の隅っこ