うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カニカマ級の偽物

<浅田次郎氏>函館朝市組合に謝罪 カニ「宅配詐欺」と記述
少し前に、タモリ倶楽部でカニカマやってた。
カニカマはカニカマでおいしいんだよなぁ。
時々、冷蔵庫の中のカニカマに塩分大量の湯浅醤油で酒の肴するよ。

いくら頑張っても、それなりに個人情報は漏れるんだよなぁ。
と思ったら、家族との連絡不足w

逆に、家族が注文した物と思って、着払いの品物を受け取ったら、代引き詐欺
ってのがあったよな。

それはそうと、結局、実在の店から来たのに「カニカマの方がマシ」って店が、連合会にあったのは事実なんだね。
ひょっとしたら、受け取った荷物同様に番号を押し間違えたのに、正しい電話番号を押してたと思ってたんじゃないか?
思い込み激しすぎ。

半年ほど前にも、吉本ばななが居酒屋へ勝手に持ち込んで、店の人間に文句を言われたからと逆ギレしてたってニュースがあったり、
実際に、本人が「命令とかなかった」って言ってるのに軍部命令説を必死に言い募るノーベル賞級のカンチガイさんのノーベル賞受賞者って居たよな。

日本の作家様って、有名になると、思い上がりが甚だしくなるとか、カンチガイさんに変身するとかって特性があるんだろうか。
(もちろん、3人とも読んだ事ないし、読みたいとも思わない)

以下引用

 直木賞作家の浅田次郎氏が、北海道函館市の観光名所「函館朝市」の店から個人情報が漏れ、カニの「宅配詐欺」被害に遭ったなどと事実と異なる内容のエッセーを日本航空の機内情報誌に寄稿し、函館朝市協同組合連合会に謝罪していたことが分かった。

 情報誌は「SKYWARD」の12月号。浅田氏はエッセーで、自宅に函館の水産業者からカニの購入を勧める電話があり、よく利用する朝市の店からと思い込んで注文したと記述。届いたタラバガニと毛ガニの味が「カニカマの方がまだしもマシ」だったため、店に電話で確認。しかし、使われていない番号で、「(朝市の店から)個人情報が流出したとしか考えられない」とした。

 浅田氏のエッセーを知った朝市協同組合連合会は昨年12月に調査した。その結果、浅田氏の家族が朝市の実在する店からの電話を受け、カニを注文していたことが判明。連合会が「詐欺ではなく、個人情報が漏れたこともない」と連絡すると、浅田氏は謝罪したという。

 浅田氏は「カニは自分が注文したと思っていたが、連合会が家族が注文したというならそうかもしれない」と釈明。「カニの味が悪かったので最初は詐欺に遭ったと思った。誇張して書いた部分があり、多少書き過ぎたところはあった」と説明している。【佐藤心哉】

[PR]
by 8823_nazo | 2010-01-19 01:22 | 重箱の隅っこ