うら寂しい上に口汚いblogにようこそ。TB,コメントお待ちしてます


by 8823_nazo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

作家の人なの?

村上龍 政権交代は「子どもが大人になる時の憂鬱」
「政権交代」が「嬉しそうに見えない」というのが正しいなら、
政権交代が間違っているか、
村上龍がみえないだけか。
「新鮮な風」という言葉には、「無害」「有益」な意味が含まれているが、
「新鮮な風」が吹き込んだ証拠はない。
「新しい風」なら確かに吹き込んだろうが。
ある山では、風が変わると硫化水素を含んだ空気が入り込み、
致命的なダメージを与える事がある。

「政権交代によって新鮮な風が吹き込み、人々は喜ばなければならない」と
思い込んでるから、文章がおかしくなり、結論とズレちゃうんだよ。

で、
「誰も解決してくれないと日本人は認識しつつある。そして成長してるんだ。」
と繋げる。
そして、また変になる。
「政治は解決してくれないと若年層が棄権をする」というのは、
随分前から言われている事であり、
そういう現象を認識していると、
「若者はずっと昔から、どんな政府も解決してくれないと認識しているので、
壮年、老人がやっと若者に追いついただけ」
となっちゃう。

さらに
「政府が私たちの問題を解決することができた。」
単純に目に見える形で成果を示す事ができて、その成果を享受し幸せを感じられる時代の話だろ。
昔なら、「3C」つって、カラーテレビとクーラーとカー(自動車)を持つ事が庶民の目標だった時代だぞ。
今なら、生活保護を貰ってる連中でも持ってる事が多いんだよ。
消費の多様化とか要求の多様化に追いついてないんだよ。
経済の世界だって多様化に遅れてる。
やっと、白物家電に色付きが出て来たくらいだ。
政治ならもっと遅れて当たり前なんだよ。
そういうことも見えてなくて偉そうに言い過ぎ。

自民が負けた。民主が勝った。
見る位置が代わりゃ、評価の結果だって変わるのは当たり前。
負けた事の後処理をどうするかが問題のはずだし、
国民にとってどっちが勝とうかどうでも良い事で、結局、1票を投じれるレベルで
何か変わってくれって事しかできてないってこった。

まー結論がぐちゃぐちゃなのは、文章に対してチェックしただけだからだ。
[PR]
by 8823_nazo | 2009-09-14 00:41 | 重箱の隅っこ